今日は渓流釣へ。ルアーでイワナ釣り!! | ギアステ5

今日は渓流釣へ。ルアーでイワナ釣り!!

今日は渓流に「イワナ」釣りに出掛けて来ました。

今回のフィールドは山奥にある「ダム湖」の支流です。
山は雪も解け(標高の高い山にはまだ雪があります)、渓流釣りもし易くなって来ました。

今回は比較的アクセスし易くなった「ダム湖」支流に「イワナ」釣りです。

<タックル>今回は2セットです。

1セット目(ダム湖用)
ロッド・・・7ftの本流用トラウトロッド(番手は3g~10gまでのミディアムライト)
リール・・・2000番の中型スピニングリール
ライン・・・ナイロン8lb
ルアー・・・5g~7gのスプーン 5cm~9cmまでのシンキングミノー 5gのスピナー

2セット目(支流用)
ロッド・・・5ftのトラウトロッド(番手は2g~7gまでのライト)
リール・・・1000番の小型スピニングロッド
ライン・・・ナイロン5lb
ルアー・・・3g~5gのスプーン(薄手の物と厚手の物)5gのスピナー 5cm~9cmまでのシンキングミノー 

まずは駐車スペースから近い「ダム湖」からスタートです!!
ルアーはサーチベイトとして、5gのスピナーで探ります。

1投目・・・偏光グラス越しにチェイスを確認!!30cmクラスの「イワナ」

2投目・・・リトリーブに強弱を付けリアクションで1匹ゲット!!1投目にチェイスして来たイワナです!!(帰り掛けの駄賃でした)

3・4・5投目・・・空振り

何だかんだで10投以上し、やっと1匹追加です。25cm位のイワナでした。

ポイントもスレて来たので、支流に場所移動です。

支流はまだ草や木が被さっておらず、非常に釣りやすい状況です。
ダム湖もそうでしたが、水が若干濁った黄緑色でしたので、雪解け水の影響があるようです。
水量もやや多い状態でした。

この状況からして、軽い薄手のスプーンは候補から外します。厚手のスプーン5gをチョイスしました。
アップでキャストし、落ち込みに着水させ中層からボトム付近をリトリーブするイメージです。

すると幸先良くヒット!!

サイズは20cm位のイワナです。若干錆びてましたが、だいぶ回復傾向の様です。

気を良くした私は、すかさず同じ所にキャスト!!
なんと!!出ました!!30cmアップのイワナです!!これは嬉しい限りです!!

ですが小場所の為、そこそこの型物を上げると、ポイントが死んでしまいます。この場所は休ませる事にし、次のポイントへ移動。

少し下流へ下り堰堤の上流部の溜まりへ入座です。
ここは深さがあるので、7cmのシンキングミノーをチョイスです。

アップでキャストし、U字ターンさせるイメージで引いて来ます。もちろんテュイッチング&ジャークを加えながらです。
深場ですので、大きめのミノーを使用しているからか、アプローチが悪いからか・・・。
アタリもチェイスもありません。

このキャストが最後と思い、ルアーロスト覚悟で際どいポイントへ!!

ドラマは待っていました!!出ました!!ランカーサイズ!!40cmアップのイワナです!!
このサイズですと「イワナ」と言うより「アメマス」ですね!!

1000番のリールが悲鳴をあげる程の強烈なバイトでした!!
近くに生えていた柳の木の枝を一本頂き、枝に釣れたイワナを通し車へ帰ります。

帰る途中、釣り人に「デカいですね!!」「先こされたなぁ」「写真撮らせて下さい!!」などと嬉しい言葉を頂きながら(笑)
ご満悦で帰宅(笑)

意気揚々と帰宅した私に妻が一言。「ほんとに釣りバカ!!」(笑)

今日の渓流釣りは最高の釣りとなりました。

シェアする

フォローする