子供たちを引き連れてのハゼ釣り(秋) | ギアステ5

子供たちを引き連れてのハゼ釣り(秋)

毎年、9月後半から10月の半ば位に、所属している社会人野球クラブのバーベキューを金沢八景の野島公園で行う。
私は参加するが、子供たちと九割をハゼ釣りに燃えます。

釣りをしたことがない子が多いので大喜びです。

最初の乾杯をノンアルコールビールで済まし、子供たちを引き連れ、石の間にいる貝を集めます。
子供たちが夢中で集めたくれるのであっという間にたまります。貝の種類は問いません。

貝は石で殻をわり、針につけて完成です。

子供たちのためにのべ竿を準備します。
リールつきだと糸が絡むことがしばしばありました。勉強済みです。

水深は1~2メートル程度なので魚が見えています。
見えてる魚なので釣りやすいです。
スレていれば、少し移動します。

三時間ほどで三十匹程度釣れました。
サイズはかなりまちまちですが、大きいものでは15センチ程度です。
のべ竿ということもあり、引きも十分に味わえました。

最近の子供は生きた魚に触れる機会が少ないので、良い機会です。
大人でも触れない人も多いですが…

子供たちが親に今度釣りにいきたいと言っているのを聞くと、教えた甲斐があったなと誇らしく思いました。

最後には、その場で内蔵を取り除き、食べたい人へプレゼントです。
楽しんで釣ったからには、ちゃんと食べてあげないと無駄な殺生は禁物です。

子供たちの食育に繋がればよいです。

子供たちよ、マナーのよい釣り人になれ(^-^)/

シェアする

フォローする