週末は、刺身を求めて、釣り三昧! | ギアステ5

週末は、刺身を求めて、釣り三昧!

寒さが苦手な私達夫婦は、いつもなら完全に雪が解けてから釣りに出かけ始めるのですが、今年は早くも釣り始動してみました。

とはいうものの、流石に夜中はマイナス気温。
ヒートテックやら防寒着やら何枚も重ね着して、顔にはフェイスマスクまで。

これだけ着込んでいると、さすがに体は寒くないけど、やっぱり風が吹くとキツイですね。
今回は、何度か来た事のある、日本海側の磯で投げ釣りです。

竿は私が1本、主人は2本出しました。
陣取りは磯の先端の場所。私達がついて竿を出した後に、一人のおじさんが近づいてきて話かけてきて、「左前方の磯の先で竿出すからねえ」と。

「二人ともまだ遠くに投げられない初心者なので、絡むことはないですよお~」と、一応投げる方向だけには気を付けて。
風は4~5m位、波は時折乗っている磯に打ち付けてはきますが、足場に上がってくるほどではない感じ。

セッティングしてから2時間たっても、竿はピクリともしません。
やっぱり天気悪いからかなあと思いつつ、ジッと待つ。

と、私の竿が「ピクピクッ」。
30cmに少し足りないくらいのカレイが釣れました!

釣ったカレイはフィッシュグリップで掴んで記念撮影し、そして引き続き挑戦です。

それからまた暫く沈黙の時間・・・。

朝マズメになり、竿は交互にアタリが来るものの、小さいガヤばかり。
「今日はもうダメかなあ」と思い始めたころに、また私の竿にアタリが!

でも、さっき釣れたのよりも小さいカレイ。
マズメが過ぎ、アタリも来なくなり体も冷えてきたので本日は終了です。

ご挨拶したおじさんも、カレイ1枚、ホッケ1本で撤収とのこと。
マズメ前に私達の乗っていた磯の左側で釣り始めた男性も、「ピクリともしない」と・・・。

本日はみなさん、良い釣果は得られなかったようですね。
釣ったカレイは、帰宅してから唐揚げにしておいしくいただきました。

よし!来週も頑張るぞ!!
(今度は刺身で食べられるように・・・)

シェアする

フォローする