日本海で磯釣りをするならココへ行け! | ギアステ5

日本海で磯釣りをするならココへ行け!

私は日本海側に住んでいます。

日本海側といえば対馬海流が流れていますね。

その流れから太平洋に出ていくと今度は下に降っていき、いわゆる黒潮と呼ばれる海流です。

特に回遊魚は日本の周りをこの二つの海流にのって一年中動いています。

分かりやすい魚種でいったら回遊魚の「カツオ」です。

春は四国から鹿児島の方で取れるのを(初カツオや春カツオ)、今度は一周して秋に取れるのを(戻りカツオ)といいます。

なぜこんな説明をしたかというと、私が紹介したい磯釣りのスポット、「日本海に浮かぶ島、(隠岐の島)」を紹介します。

隠岐の島には対馬海流が流れている位置にあります。

ですのでだいたい夏前位にカツオが獲れますね。

この(隠岐の島)なんですが四つの島が存在していて、四島合わせて2万人くらいの人口です。

この隠岐の島では毎年グレ釣りのG1大会が開催されたり、さまざまな魚種の釣り大会が行われるくらい磯釣りのメッカなんです。

魚釣りが好きな方は遠くは愛知県に岡山県、大阪からも釣りに来られます。

結構グレに真鯛に石鯛にヒラマサに…と、大変魚種が豊富でほぼ一年中釣れますね。

風、波が強い日でも、風裏に回ればなんとか磯釣りは可能なんです。
(磯によっては真裏でも風が回る磯もあるのでご注意を?)

この島々なんですが、四島あるのでどこいっても釣れるのですが、私のオススメは隠岐の島町の(カビ島)です。

島の東側に位置したポツンとした島です。

割と低いので注意が必要な島なんですがこの島は釣れる魚種が豊富。

メバルにヒラマサにチヌに真鯛にグレに石鯛にとオンパレード。

ちなみに潮がメッチャ早い時にあたると釣りになりませんよ。

是非一度この隠岐の島のカビ島に行ってください。

というわけで私のオススメは隠岐の島でした。

シェアする

フォローする