桧原湖厳選ワーム春編 | ギアステ5

桧原湖厳選ワーム春編

春先の桧原湖スモールマウスバス釣りに欠かせないワームをご紹介したいと思います。

スイングベイトOZZY’S SPと言うシャッドテールワームです。
このワームの使い方は、まずスポーニングエリアであるイカリ潟内で、水中が隆起した所を肉眼で探します。

発見できたら出来れば20m以上距離を取り、隆起した場所の向こう側にキャストし、水面直下10cmから15cm以内をゆっくり一定の速度で、レンジをキープしながら引いて来ることが重要です。

隆起した真上や手前にキャストしてはいけません。
必ず隆起した向こう側からワームを通して来てください。

ワームを引いてきてバスがチェイスしてきても、ワームを止めないで一定の速度で引いて来ることも重要です。
スモールマウスバスがどこからともなく一瞬にしてバイトしてきますが、慌てて合わそうとしないことです。
ある程度向こう合わせでバスの重みを感じてからくらいで大丈夫です。

もっと視認性の良いワームを使いたいのであれば、スイングベイトオオツカオリジナルⅠというワームもオススメです。

シェアする

フォローする