冬の夜のヤリイカ釣り | ギアステ5

冬の夜のヤリイカ釣り

冬の肌寒い夜にヤリイカを釣りに、友人と波止場まで行ってきました。

目的地に午後10時頃に到着しました。
今回の仕掛けは私はエギングでチャレンジ。
友人はササミを使ったスッテ釣りです。

開始からしばらくは、アタリもなく退屈な時間が流れていきました。
開始から2時間くらい、深夜12時を回ったあたりで最初のアタリが友人の竿に来ました。
程なく私の竿にもアタリが来ました。群れが波止場に入ってきたようです。

群れさえ入ってくれば後はもう入れ食い状態でした。
友人はスッテなので取り込みなどに少し時間がかかっていましたけど、私より腕がいいからなのでしょうか、私よりもたくさん釣っていました。
私は、どうも微妙なアタリをとるのが苦手なので、イカが餌木に完全に抱きついてからでないと釣れたってわからないことが多くて少し回転が落ちてしまうんですよ。

この夜はこんな感じで、何度か群れが波止場に入ってきて、そのたびに入れ食い状態になり、朝まで釣り続けて2人で50杯くらいのヤリイカを釣り上げました。

釣ろうと思えばもう少し釣れたんですけど、数が多すぎると家に帰ってからが大変になるので、2人とも途中で少しペースを落としましたけどね。

数は友人の方がたくさん釣ったけど、均等に半分ずつにして帰りました。
ちょっとお得でした。

シェアする

フォローする