秋は新子アオリイカの数釣り! | ギアステ5

秋は新子アオリイカの数釣り!

アオリイカは気難しいイカで、大型ともなると警戒心が強くなかなか思ったように釣れません。
しかし、そんなアオリイカがおもしろいように釣れる季節が秋!

アオリイカは初夏から晩夏にかけて産卵をするため、秋になるとイカの仔がたくさん岸近くに群れています。
この新子を釣るのが秋エギングの醍醐味です。

釣り方は簡単です。
小さめの餌木を用いて優しいシャクリで誘うだけ・・・なのですが、数を伸ばすにはちょっとしたコツがあります。

まずはフルキャストせずに、自分の足元から狙っていくことが大事!
なぜならイカはハリに掛かると墨を吐きます。

沖でイカを掛けてしまうと、波によって墨が手前まで運ばれて来てしまい、近場のイカが警戒して釣れなくなってしまうんです。
せっかく数釣りができるシーズンなのに、戦略を間違えて少ししか釣れないのはもったいない限り。

必ず近場から狙うようにしてください。

さて、秋のイカを釣るには餌木は2.0~3.0号ぐらいまでの小さめのものを使います。

3.0号の餌木なら通常のエギングロッドでもOKですが、2.0号の餌木にはさすがにバットパワーが強すぎです。

そこで、もしアジングロッドをお持ちなら、そちらを流用してください。
エクストラライトのエギングロッド買うよりも、はるかに経済的です!

シェアする

フォローする