鮎の友釣りの豆知識 | ギアステ5

鮎の友釣りの豆知識

鮎の友釣りには細かい技術や知識が必要です。
竿やハリス、網タモやオトリ缶、そして服装などは専門店やネットなどである程度の情報(選び方や価格など)を得ることができます。

私は経験者として、実践での豆知識をここで提供したいと思います。

まず、「」ですが、鮎は警戒心が強いので太い糸だと鮎に「バレて」しまい寄ってきません。

太い糸はバレにくい(切れにくい)メリットはありますが「釣れにくい」というディメリトも含みます。
オトリ鮎とかかった鮎の「2匹」を釣り上げるのですから、糸には相当な負荷がかかります。
かかった鮎も抵抗力が凄いので、タイミングを間違えると糸ごと持っていかれます。

最初は太めの糸で経験をつみ、徐々に細くしていくのが無難かもしれません。
最近は細くても丈夫な糸があるとは思いますが。(今は釣りをしていなので把握できず。)

そして次にお伝えするのは「引き抜き」という行為です。
「引き抜き」とは鮎が勢いで下流に持っていかれた時や、かかった鮎がある程度落ち着いたタイミングを見計らって、一気に竿を振り上げて2匹の鮎を水中から空中へ飛ばせて、手元の網タモへと引き寄せる行為です。

見た目には格好いいですが非常に「リスク」があります。
タイミングと勇気が必要です。

出来れば確実に竿を立てて水中で引き寄せる、または自分が下流のほうへと移動して、手元まで引き寄せて網タモに入れる、これがより確実です。

1匹ゲットが2匹とも逃げられる、この差は大きいです。
まずは確実に時間をかけて引き寄せる、これが一番です。

シェアする

フォローする