イソメやゴカイだけが餌じゃない!! | ギアステ5

イソメやゴカイだけが餌じゃない!!

釣りが好きな人であれば一度は感じた事があるのが、エサ代が馬鹿にならないという事ではないでしょうか?

ルアー釣りを除けば川や湖、海での釣りでは一度の釣行で少なくても1,000円から多ければ5,000円位かかってしまいますよね。
天気や潮回りが良い日でも、給料日前でエサ代を捻出するのが難しく釣行を諦めた経験はありなせんか?

そこで今回はイソメやゴカイ、撒餌やアミエビ以外で魚のエサになる物(食材)を紹介しようと思います。

まずはイカの塩辛なのですが、イカの塩辛はそのまま使えるので結構役に立ちます。
ブラーやブラクリに付ければ根魚が釣れますし、夜釣りで使えばアナゴも釣れるので私は頻繁に使っています。

次に晩酌の際に余った刺身もエサになりますので、刺身を食べていて余った場合は是非、タッパーに入れて塩(家庭にある食塩でOK)を多めにいれて保管しておいて下さい。
そのままでも使えるのですが、そのままだと身が柔らかくキャストした際に針から外れやすいので塩浸けをお勧めします。日持ちもしますしね。

マグロ等の赤身ではボラが入れ食い状態になりますよ。
サバやアジ、イカの刺身ではアイナメやソイ等の根魚やアナゴが狙えますし、甘海老やボイルエビに至ってはメジナやカワハギ、石鯛の幼魚等も釣れちゃいますよ。

人間の食事を魚のエサにと考えると高いですが、余った食材をと考えると結構安上がりのエサになると思いますので是非お試し下さい。

シェアする

フォローする