釣り竿とバーベキュー用のカセットコンロを持って! | ギアステ5

釣り竿とバーベキュー用のカセットコンロを持って!

渓流つりを始めた頃の話です。

何人かと一緒に夜中から出かけて、朝方に山奥の渓流に到着。
そこでポイントを探りながら決め、夜が開け始めた中で竿をおろすのは気持ちが良いものですよね。

ビギナーズラックが続いていた事もあり、この日もやる気満々でイワナ狙い(餌はいくら)なのに、なぜか掛かるのは「ニジマスの稚魚」ばかり。

5cm満たない小さいのばかりで、なんだか捕るのもかわいそうな感じでいたのですが、この日一緒に釣りに参加した方(某ホテルの料理長だった人)、曰く「これ最高に旨いよ!」との事。

「ん?」とは思いましたが、そのまま釣りを続行。

さて日が昇りきってしまったので、ここらで釣りは止めて朝ご飯を兼ねたブランチ?という運びになり、釣り好きの男子は釣りのポイントだけではなく山菜の穴場も知っていて、向かうは「クレソンの群生」している所。

クレソンの群生=わき水=飲める水という事になる訳ですが、その場でクレソンを摘み、ニジマスの稚魚を丸ごとビニール袋に入れそこに小麦粉を投入、そしてシェイク!

このタイミングでカセットコンロに火を入れる訳ですが、バーベキューコンロはガス式が簡単で便利です。

カセットコンロでフライパンを熱し、バターを投入(たっぷり)そして、そこに薄く小麦粉にまみれたニジマス稚魚を入れる。

そうです。バターでニジマス稚魚を丸ごと揚げる感じ!これ最高です。
頭からしっぽまで丸ごと食べられます。稚魚ならではとの事です。

そして野生のクレソン。
これにはオリーブオイルとミツカンポン酢をかけるだけ!こちらも最高です。
稚魚を揚げたバターの残り、熱々をちょっとかけてもGOODです。

料理長の料理は至ってシンプル(笑

ちなみに予め野菜やデザートも持参しておくと、その場でカセットコンロでお手軽BBQもできちゃったりします。

カセットコンロって意外と便利で重宝しますので、BBQだけのアイテムではなく、釣りの時も持参する事をおすすめします。

もちろん私は釣りの時は大抵カセットコンロ持参です(笑

是非、お試しあれですよ!

シェアする

フォローする